ペケーニョを1年程使っての感想

年末に更新しようとして出来なかったので、年始に1年程使ったペケーニョの感想などを。

クアトロガッツペケーニョという財布を2015年12月に買いました。12月の限定モデルでオイルドラティーゴレザーのモデルです。革が良さそうだったので、勢いで買いました。

写真がイマイチあれですが、1年使ってこんな感じです。

では良い所から。

カードを沢山持ち歩かなくなった。
なんせ、カードが3枚×2箇所しか入らないので。
実は別にカードケース持ってますけどね。

小さくても問題無い事が判った。
この前には長財布を持っていたのですが、大きいばかりで邪魔だった事が判りました。
お金そんなに入らないですけど、元々ビンボなんでお金持ってないから(^^ゞ

では、悪い所を。

構造的な問題で、札の先がヘンに曲がる。
二つ折りではなく、三つ折りになってしまい、写真の様に札の先がヘンに曲がります。最近多い機械で取り込むレジで、レジの人にイヤな顔される事多々。
そうじゃなくても、こんな風になってる札はイヤですよね?

カードにキズが入る。
カードの切り替えで新品のカードだったんですけど、カードケースの上にドットボタンがあり、その裏側が当たってキズが入りました。
コレは構造上の欠陥じゃね?と思った次第です。
新品のカードだったので、凹みましたorz

小さすぎて持ってるかどうか判らなくなる。
私は財布をズボンのヒップポケットに入れるのですが、入ってるのかどうか判らない位に小さいです。
容量も小さいので、重さも感じず持ってる感が無さ過ぎです。
ズボンを脱いだ時にも転げ落ち易いのも、どうかな?と個人的に。

実は購入する前に使っている人に聞いたところ「使いにくいですよ」と言われておりました。その方は使うのを止めてしまったみたいです。
そんなこんなで、文句言ってたら、コリーナという札がヘンに折れないのが出たのですよ。コレを買えって事ですかね?

まぁそんな訳で、次に財布を買う場合は勢いではなく、よく考えてから買う事にします。

数字付き段落使うと写真に文字が被るのはどうしたら良いんだろう?

arrows M02を1年程使っての感想

年末なんで、1年程使ったarrows M02の感想などを。

  1. RAM2GB・ROM16GBは、やっぱキツイと感じる。
    RAMはまだ良いんだけど、ROMは実質8GB程度なので厳しい。
    SDカードにアプリが入れられないので空きが1GB程度を行ったり来たり。
    MapFanの新しいバージョン、オフラインマップをダウンロードするのに本体側に空き3GB必要って出て終わった。
    SDはスカスカなのに、前のバージョンのMapFanは直接SDにダウンロードされるのに…
    RAM不足なのか動きが悪い事が多くなったのは、使ってるアプリに関係してるかも知れないが、やっぱキツイ。
  2. カメラが良く落ちる。
    エラーでカメラが起動しなくなる事が多い。再起動したら直るけど、またなる。
    一度初期化したんだけど、その辺は変わらない。
    RAMが少ないからなのかな?とも思うが…
  3. やっぱAndroid 6にはバージョンアップしなさそう。
    ほぼ同じ機種であるdocomoのarrows Fit F-01Hは夏頃にAndroid 6へバージョンアップしたので期待した。
    富士通はarrows M02が予想以上に売れたと言うのでバージョンアップ有るか?と思ったけど、もう年末だし無さそう。
    この辺りはASUSとかの方が良かったのかな?と思うので、次に購入する時は、OSのバージョンアップも考慮しようと思う。
  4. 充電台がバカになってきたのか、充電失敗する。
    microUSBはキャップ式なので、付属の差し込み式充電台を使っているのだが、充電ランプを確認したのに途中で充電されてない事が多い。
    本体と充電台の接点が悪いのか、接点のテンションが下がっているのか。
    arrows M03はキャップレスmicroUSBで受電台無し。どっちが良いのかなぁ?とも思う。
  5. ATOKのプリインは無くても良いのでは?とも。
    以前からPassport版のATOK使ってるので、バージョンアップされないプリインは必要無いのでは?とも思える。
    またarrows M02にプリインされているSuper ATOK ULTIASが、ちょっとクセ有って使いにくい様な気もする。
    それとは別にジェスチャー入力(フラワータッチ)がdisらせすぎ。私は以前からジェスチャー入力使ってますが、初期値をフリックにしろとか、フリックに変える方法を書いたblogが人気だったりとdisられすぎ。
    私はフリック使いにくいと思うんですけどねぇ、指の陰になる所に文字があるし。

まぁそんな感じですかねぇ?
優等生ではあるんですけど、最近の海外製に比べてたら割高感ありますし国産は。
M04が出るのなら、どうなるのかなぁ?とも思いますが。

次買うならASUSとかだな、たぶん(^^ゞ

なぜblogに食べ物の話を書かなくなったのか

「グルメ系ブロガー」などという言葉が有る様に、かつてはblogの花形はグルメ系でした。個人的には過去形だと思います、未だ頑張っている方も居られるでしょうが、見なくなりました。
私もかつては、そういった内容を書いておりましたが、現在のblogにしてからは書かない事にしております。
10年位経ったし、そんな理由を今更ながら書いてみようと思います。

  1. 人間関係が面倒になったから。
    サラリーマン時代からの友人でTという人がおりまして、その方が焼肉サイトをやっております。その関係で知り合った方々の多くがグルメ系ブロガーだった訳です。
    mixi全盛の頃、そういった方々とマイミクになりますが、縄張り意識が強い人ばかり。「あの店はオレの方が前から知ってた」とか「断りも無く○○に行った」などという事から始まり、Tと親しくしているのを良く思わない人々に陰口たたかれ、うんざりしました。
    Tとの付き合いは誰よりも長いんですけどねぇ(最近希薄ですが)。
  2. blogの為に食べ歩きするのは疲れる。
    グルメ系ブロガーさん達は新店舗大好きで、はしご酒大好き。というか新店舗を人より早くblogに書く事で優位に立とうとします。そして、はしご酒してネタを効率よく貯める訳です。
    最初は楽しかったんですが、単純に振り回されてお金使ってるだけですから、身も心も疲れます。で、私が先に書こう物なら…です。
  3. そうそうお金は続かない。
    私は自営業でして、始めた頃から比べれば先細りしてきております。そういった状態で呑み歩きなどする余裕も無く、余裕のある人と付き合うのは辛いのです。まぁコレは自分の問題なので、理由としては弱いですが、やはり無駄なお金に思えてきます。
  4. 時代に合わなくなってきた。
    mixi全盛の頃といえば、10年位前でしょうか?その頃はblogかmixiの日記位しかアウトプットがありませんでした。その後Twitter・Instagram・Facebookと新しいSNSが入ってきて、リアルタイム更新される情報が多くなり、blogは新鮮さを失ってきました。もちろん記録としての意味合いは未だにありますが、写真と短文という新しいSNSには勝てなくなってきてると思います。また「食べログ」の様なお店の評価と直結された物も出てきた為、個人のblog評価は主観であり、参考にされなくなってきたのだと思います。

毎日の食事をInstagram・Twitter・Facebookに更新していても、blogに書く事は無くなりました。どれも個人的な記録扱いなんですが、恨み買わない様に店の悪口も書きませんし、誰もタグ付しません。Facebookでもmixiの反省から誰でも友達申請しませんし無言申請は無視してます。
結局イヤになるのは人間関係なんですよねぇ。そういった付き合いからは出来るだけ逃げる様にしてます。それでも人間関係の揉め事は絶えませんけど…

まだまだ沈静化しておりませんが

この度の熊本地震で被災された方へ、お見舞い申し上げます。
また亡くなられた方へ、お悔やみ申し上げます。

「熊本地震」といいましても大分でも被害が出てる訳でして、この名前は変えるべきでは?と思います。
21年前の「兵庫県南部地震」の際、「阪神淡路大震災」が「阪神大震災」と言われ「神戸」ばかりが報道された為に、神戸以外は被災していない様な伝わり方をしたと思います。
芦屋市民の知り合いから「神戸ばかりに物資が行って芦屋には届きにくかった」と言われた事を思い出します。
現に大分の被災地報道が少なく、支援が行き届いてないのでは?と思います。

21年前と違いTwitter等のSNSで情報が伝わりやすい状況ですので、支援が届いているのかも知れません。
逆にデマや便乗した嫌がらせの様な事も多く拡散されており、それはそれで考えものです。
被災者は確かめる余裕が無いので、間違った情報が事実と誤認される様な事が発生してるのでは?と心配しております。

兵庫県南部地震は1度の大きな地震、東北地方太平洋沖地震は地震後の大津波、この度の熊本地震は2度の震度7と余震と言うには大きすぎる地震の連続。
違ったタイプの地震なので、過去の経験が全て活かされないのだと思います。

避難生活は長期化すると思いますので、どうか無理をなさらぬ様にお願い致しますm(_ _)m

arrows M02でのSuper ATOK ULTIAS挙動改善方法

arrows M02に搭載されているSuper ATOK ULTIASで、ジェスチャー入力時にジェスチャーガイド表示が指を離しても消えない(消えるまで時間がかかる)問題の改善方法について。
個体差やガラスフィルムの影響かも知れませんので、私の場合はこの方法で改善しました。

「設定」→「言語・文字・入力」→「キーボードと入力方法」→「Super ATOK ULTIAS」→「テンキー」→「ジェスチャー入力」と進みます。

Screenshot_2015-12-01-11-00-03

上記画面の「高速表示」のチェックを外す。ついでに「高速で閉じる」も外しました。
そうしたら、ジェスチャーガイド表示の消える速度が改善しました。
「高速表示」の項目に「ジェスチャーガイドを高速で表示します 動作に問題がある場合にはOFFでご利用ください」と表記ありますが、まさにソレでした。
デフォルトでONだったかどうかは覚えておりません。ので、もし同じ様な症状がありましたら、OFFで改善するかも知れません。

それ以外は、富士通的表記が判りにくいってのがあった位で、とりあえずは問題無く使えてますね。

まぁヘヴィーに使ってないので「普通に使える」という感じでしょうか?
SDカードにアプリが移動出来ないってのが割とイタイいんですが、まぁ常用するアプリの数も知れてますから問題になる程ではないです、出来れば出来た方が良いですけど…

とりあえず、そんな所ですね(^^ゞ

arrows M02とりあえずの感想

数日使っての、とりあえずの感想です。

L-02Eと比べて、RAMが多いのでサクサク動きますね。コレは予想通りですが(^^ゞ
有機ELなので、発色が良く見やすいです。L-02EはIPS液晶なんですが、やはり屋外では見難いんですよ。
自動調光も有って、屋外でも見易いですねぇ、ギラギラした感じが好みの分かれる所ですが。

ちょっとだけ気になる所なんですが、Super ATOK ULTIASという富士通のスマホ専用ATOKが搭載されております。
私は今までATOK Passportという月額制サービスを使っておりまして、同じATOKだと思って使うと違和感を感じるのですよね。
かなとアルファベットを切り替える時にQWERTYに変えるキーが無かったり、フリックで記号入力に入れるのが無かったり。
私は「フリック入力」ではなく「ジェスチャー入力」というのを使っているのですが、ジェスチャー表示が出て指を離しでも表示が出続けて次の文字を入力しようとして出たままのジェスチャー表示を押してしまうって事が頻発しております。
感度調整で出来るかな?と思ったんですが、感度調整したらジェスチャー表示の大きさが小さくなるだけで、あんまり意味が無い様な…
この辺りは、設定を色々と変更して試して見たいと思います。

確実に良いと思うのは、電池の持ちですね。L-02Eはかなり気を遣っていても電池の減りが早かったので(最初からバッテリー2個付いてますしね(^^ゞ)。
その辺りは、デフォルト設定のままで急激に電池が減るような事も無いみたいです、今の所は。

ホームアプリも標準のLeaf UIというのを使ってます。何処まで使えるかってのでやってますけど、まぁ不便は無いですね、便利でも無いですが。

とりあえず写真無しの文章のみと言う事でm(_ _)m

あれから20年

長かったのか短かったのか、
あれから20年が経ちました。

改めて色々と考えることがあります。
ただ、その思いをまとめきれない。

いつかちゃんと、思いをまとめて文章にしたいと思います。

今日はただ、あの日を思い、
そして生きていきます。

今だからこそ

117
あの日止まったままの時計。

あれから19年、今だからこそ言えます。
あらゆる事で亡くなった方のご冥福をお祈り致します。

震災だとか、そんな事ではなく、
残された方の悲しみに違いは無い。

だからこそ、生きて下さい。
難しい事は言えませんが、それが本音です。

 

上海に行ったのですが…

11/13~16の間、上海に行ってきました。

現地で使えるSIMを雑誌の懸賞で頂いたので、現地からガシガシと色々やろうと思ったのですが…
関空に着いてカバンの中を見ると、何故か見当たらないorz

帰国後、色々と落とし物の問い合わせをしたのですが、何処にも無く、がっかりしておりました。

暫くしてから、同行者の車の中から見つかりました。
何故落としたのかが未だ不明です。

とりあえず、次回にリベンジします。
早ければ春位か?

「東北地方太平洋沖地震」から1年

もう1年、まだ1年。どちらでもあり、どちらでもないのかも知れません。
兵庫県南部地震で被災した私にとっては、もう17年であり、まだ17年でもあります。

まだ復旧段階であり、復興はまだまだ先の事だと。

あの日、地震発生のニュースを見て、TVを凝視してました。
その後、客先へ向かう途中、電車の中で見たワンセグの画面。携帯の小さな画面の中で流れる津波の映像。その衝撃は大変大きなものでした。

思えば、兵庫県南部地震の時は情報が非常に少なかったと思います。
発生直後にラジオニュースを聞いた記憶は有りますが、たぶんTVを見たのは1週間後位だったと思います。
その時、どこまで被災してるのかまったく知りませんでした。

今は色々な方法で情報が届きます。それは良い意味でも悪い意味でもですが。
でも、それによって助かる人が1人でも増えれば、と思う訳です。

緊急地震速報やワンセグ、「ガラパゴス」と揶揄されながらも搭載してきたからこそ、非常時には助かる事があるのです。
スマホ全盛の時代だからこそ、グローバルモデルではなく、ローカルモデルをきちんと出し続けて頂きたいと思います。

まとまりの無い文章ですが、そんな事を思った日です。