POBoxとタッチセンサーの相性

Xminiのタッチセンサー、小さい事も有り、結構クセがあります。
センサーの動作を「通常操作」から「ジェスチャー操作」にするだけで、結構マシになります。
「通常操作」だとセンターの「決定キー」と「方向キー」の押し間違いというか、
誤動作が多すぎますから。

ただし、POBoxの変換操作とはちょっと相性が悪い様な。
標準設定では、何かと誤変換が多いのです。
とりあえず、変換候補選択の操作を、標準の「上下左右」から「上下」に変更しました。
POBoxの変換の「クセ」がタッチセンサーの「ジェスチャー操作」と、
どうしても干渉してしまう様に思うのです。

今までATOK+APOTばかり使っていたので、その辺の違いもあるのかも。
KCPからKCP+に変わり、入力キーアサインも一部変わっている所も影響しているかも。

個人的には、やはりキーはハードキーの方がよいですねぇ。
上記不具合が出ないと思われるので。

同じくタッチセンサー採用のW65Tはどうなんだろう?
「決定キー」と「方向キー」はハードキーだから、また違うのだろうけど。

フルタッチのケータイは、個人的にはムリっぽいですねぇ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA