某移動体通信事業者の広告

金は掛かってますよね。
某有名歌手に「490円」て言わせてるアレです。

基本料安くして加入者増やしても、収益が上がらない構造だから。
接続料問題で、もし料金が下げられたら、潰れるんじゃないの?

純増数No.1とかって宣伝文句、意味無いよね。
そんな事言っても、D社が50%、A30%のシェア持ってるのよ。
「ただとも」が増えても、収益は増えない。
誰も「有料」で通話しないからね(その為に、みんな買ってる訳だから)。

社長が社長なだけに、この先も良くならないんじゃないのかな?
いっそのこと、潰れてくれたら面白いのに。

と、ま~アレですわ、自分が思ってる事書いてるだけなんで、
何ら根拠の有る事では無いので、念の為(笑)

S001とiida G9の比較

auの新ブランド「iida(イーダ)」と、その第1号機、G9が発表されましたね。
スペックを見ると、au春モデルS001とほぼ同等の仕様となっております。
私的に気になる点を比較してみます。

サイズ
S001:約115×51×17.8mm(最厚部 21mm)
G9:約115×50×17.4mm(最厚部18.1mm)
という事で、厚みはレンズカバーの有無の差ですね。
それ以外はほぼ同じとは(写真では結構違うと思ったけど)。

重量/バッテリー容量
S001:約145g/870mAh
G9:約128g/770mAh
重量はカメラやバッテリー容量違いからでしょう。

画面サイズ
S001:約3.3インチ・480×854ドット・最大約26万色相当有機EL
G9:約3.0インチ・480×854ドット・最大約26万色TFT液晶
若干G9の方が小さいですが、解像度は同じ。
有機ELとTFT液晶の違いはどうなんでしょうか?

キー配列等
S001:マナー・マルチキーがメールキー等の横に付く、独特な配列
G9:マナーは#キーに、マルチキーはサイドに
S001では使いやすい位置に有ったマルチキーがサイドに。
通常#キーに割り当てられているBluetoothキーが不明。

キーロック
S001:側面にスライドタイプのキーロック
G9:側面にボタンタイプのキーロック
G9は1秒の長押しでロックだそうです。

本体接点部分
S001:クレードル(別売)通信用端子有り。イヤホン端子カバーはスライド
G9:端子は充電のみ(写真での確認の為、未確定)、イヤホン端子カバーは非スライド(従来型)
両方共、バッテリーを取り外さないと、microSDスロットにアクセス出来ないので、
クレードルによる通信に対応しない(だろう)G9は、不便の様な。

デザイン等からするとG9の方が好みですが、
利便性(キーやクレードル通信)を考えるとS001の方が良いと言えるか?

カメラは、そこそこ撮影出来れば良いので、S001程の性能は必要ない。
ただし、S001に搭載されている時系列表示可能なフォトビューアーが、
G9には搭載されていない。
そこは搭載して欲しかった。

色々書きましたが、G9欲しいです。
バッテリーの小ささは、Xminiのバッテリーと共用出来るので、予備として使えます。
GLOBAL PASSPORTのCDMA+GSMは、今の所この2機種のみなので、
選択肢としてはどうしても外せません。

他のメーカーも頑張って良い機種出して欲しいです。
個人的にはカシオに頑張って貰いたいです。
防水のデュアルローミングとか出してくれないかなぁ。

au、1XとWINのパケ代の不思議

手元にある、2008年12月のau総合カタログを何となく眺めていると、
パケット代の目安金額の表が有った。
CDMA 1X(2.5G)とCDMA 1X WIN(3G)のメールの目安金額に違いがあった。

CDMA 1X(以後1Xと表記)はメールのパケット単価が0.27円(税込0.2835円)、
CDMA 1X WIN(以後WINと表記)はパケット一律0.2円(税込0.21円)。
1XってEZWEBとメールでパケット単価が違ってたのね、と今更気が付く。

で、問題なのは、「文字だけのメール(約250文字)」の目安値段の項目。
どちらも割引や定額サービス未加入の値段での比較で、
1X 約1.9845円 WIN 約2.31円 となっている。
単価が高いはずの1Xの方が、WINより安くなっているのは不思議だ。

1パケット128バイト計算となっているので、2バイトの日本語で250文字だとすると500バイト。
メールアドレスやヘッダ情報も有るので、文字数やデータ量はもっと多いと思うのだが。
単純に計算しても、WINの方が安くなるはず。
それなのにWINの方が高いのかは不明。
その他の金額ではWINの方が安いので、その点は納得いくのだが。

WINに機種変して、ヘンにパケ代を使っていると思ったけど、
こういう事が関係しているのかな?
(原因は別だと思うけど<自分)

POBoxとタッチセンサーの相性

Xminiのタッチセンサー、小さい事も有り、結構クセがあります。
センサーの動作を「通常操作」から「ジェスチャー操作」にするだけで、結構マシになります。
「通常操作」だとセンターの「決定キー」と「方向キー」の押し間違いというか、
誤動作が多すぎますから。

ただし、POBoxの変換操作とはちょっと相性が悪い様な。
標準設定では、何かと誤変換が多いのです。
とりあえず、変換候補選択の操作を、標準の「上下左右」から「上下」に変更しました。
POBoxの変換の「クセ」がタッチセンサーの「ジェスチャー操作」と、
どうしても干渉してしまう様に思うのです。

今までATOK+APOTばかり使っていたので、その辺の違いもあるのかも。
KCPからKCP+に変わり、入力キーアサインも一部変わっている所も影響しているかも。

個人的には、やはりキーはハードキーの方がよいですねぇ。
上記不具合が出ないと思われるので。

同じくタッチセンサー採用のW65Tはどうなんだろう?
「決定キー」と「方向キー」はハードキーだから、また違うのだろうけど。

フルタッチのケータイは、個人的にはムリっぽいですねぇ。

Xmini

DSCN4153

機種変シンプル0円だったので、41ヶ月使ったTYPE-Rより機種変。
バッテリーが小さいのか、電池の減りが早い様な。
それと、パケットを多く使っていると思うのは気のせい??

DSCN4159 
私の手には小さすぎるというか、何というか。
後、軽すぎて(75g)忘れそうなんで、ネックストラップ必須です。