まだまだ沈静化しておりませんが

この度の熊本地震で被災された方へ、お見舞い申し上げます。
また亡くなられた方へ、お悔やみ申し上げます。

「熊本地震」といいましても大分でも被害が出てる訳でして、この名前は変えるべきでは?と思います。
21年前の「兵庫県南部地震」の際、「阪神淡路大震災」が「阪神大震災」と言われ「神戸」ばかりが報道された為に、神戸以外は被災していない様な伝わり方をしたと思います。
芦屋市民の知り合いから「神戸ばかりに物資が行って芦屋には届きにくかった」と言われた事を思い出します。
現に大分の被災地報道が少なく、支援が行き届いてないのでは?と思います。

21年前と違いTwitter等のSNSで情報が伝わりやすい状況ですので、支援が届いているのかも知れません。
逆にデマや便乗した嫌がらせの様な事も多く拡散されており、それはそれで考えものです。
被災者は確かめる余裕が無いので、間違った情報が事実と誤認される様な事が発生してるのでは?と心配しております。

兵庫県南部地震は1度の大きな地震、東北地方太平洋沖地震は地震後の大津波、この度の熊本地震は2度の震度7と余震と言うには大きすぎる地震の連続。
違ったタイプの地震なので、過去の経験が全て活かされないのだと思います。

避難生活は長期化すると思いますので、どうか無理をなさらぬ様にお願い致しますm(_ _)m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA